安静3日目。

昨晩ストレスで爆発しまったようで、部屋ダッシュを始めてしまいました。
ママさんが「ダメ~」と言ったところで、聞く訳もなく・・・ 
ソファーは飛び乗るし、飛び降りるし。お転婆全開です。
私の帰宅後は、深夜までずっと私の右手にカジりついてました。敵意むき出しで!

安静3日目

朝から元気もりもり。ゴハンも秒殺。
ゆっくり歩いてる姿を見ると4本足歩行になってる!
小走りになると、まだ少し引きずっているような感じ…。
部屋ダッシュになると、早くて見えません。

すごく良くなった感じです。まだ、油断は出来ませんね。

今朝は、こ~んな顔して「出してよ~! 壊すよぉ!」とアピール。(君は何者?)

DSCN1177A.jpg


今朝は、ママさんを会社まで乗せて行く日なので、ついでに往復40分のプチドライブ。
少し外に出してみようかと、お洋服を着てハーネスを。

ドライブ中はママさんと私のひざの上で超ご機嫌!(さっきのデビル顔はなんだ!)

家に戻り車から降ろすと、本人は勝手にお散歩開始モードに。
ママさんに内緒で、まぁいいやと15分程ゆっくりお散歩へ行ってみました。

あれ? 足平気じゃん。普通に歩いてる!
まだアスファルトの上を走らす勇気はありませんでしたね。

DSCN1188A.jpg


あまり立ち止まる事もなく順調に4本足歩行!

どんな時でも枝は忘れませんね!


DSCN1195A.jpg


どうやら、順調に回復しているようです。軽症でよかったぁ~ (ふぅ)
無理はさせないようにしますね。

この程度の事で、ご心配おかけしてすいません。(ペコリ)


☆ランキングに参加してます。ポチっとお願いします☆
フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 文太パパ - 2013年03月05日 17:20:45

軽傷で良かったですね~!癖に成らない様・・無理無く遊んで下さいね。

その・・鉄の網サークルは、文太も数カ月使ってましたが、鍵を閉められるのが嫌で、ロック棒を差し込むストロー状の筒を・・・

噛み噛みしてロック不能にしてしまいました(笑)

はなちゃんも・・・もうすぐ気付くのでは・・・あの鍵さえ無ければと・・・・

- ちびっこファミリー - 2013年03月05日 19:35:55

軽症でよかった、よかった~。油断大敵ですね!

はなちゃん、枝が恋しくなってゲージ噛んじゃったの~(笑)
なんて・・・。出してほしかったんでしょうね。

- はなパパ - 2013年03月05日 20:38:55

文太パパ さんへ

軽症で治まりそうで、ちょっと安心です。ご心配おかけしました。

文太君のIQ高いですね~。知能犯だぁ。
ウチはたぶん気づかないと思いますよ。一応、観察しておきます。

- とんび - 2013年03月05日 20:39:00

なんて可愛らしいアピール顔☆
裏側に何か細工しないと鍵が壊されるのは時間の問題ですね(^_^;)

- はなパパ - 2013年03月05日 20:43:35

ちびっこファミリー さんへ
ご心配おかけしました。軽症で治まりそうです。
もう少し可愛い顔でお願いしたいもんですね。 あれじゃぁ珍獣ですから。

- はなパパ - 2013年03月05日 20:51:18

とんび さんへ
情けない珍獣顔でござんす。女の子なのにぃ・・・
脱走は阻止します! 南京錠でもつけますか。

- fumi - 2013年03月05日 21:30:36

足も順調に回復してますね。(^o^)
まだ成長期のはなちゃんなので今はあまり無理せずにね。

夜な夜なひそかに脱走計画をねっているかも・・・ですよ!(^_-)-☆
お気を付けてぇ~パパさん!(笑)

- あーちゃん - 2013年03月06日 07:59:54

はなちゃん、少しお散歩できてよかったね~うちも小さい頃イノシシのような猛ダッシュで止められませんでした(>_<)

軽傷で安心しましたよ!!でも無理せず・・・ですね~

トラックバック

URL :

プロフィール

はなパパ

Author:はなパパ
2012/09/22生まれの♀『はな』
2013/03/14生まれの♂『大和』
Wフレブルと東京都青梅市で暮らしてます。

相互リンク大歓迎です!

いくつになったの
いくつになったの
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
うちのはなちゃん(スマホ用)
QR
はなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: